について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

フェニルエチル市場調査―タイプ別(アルコール、ギ酸塩、酢酸塩);アプリケーション別(製薬、研究機関)- 世界の需給分析、成長予測、統計レポート 2024-2036。

RFP提出
レポート: 5499 | 公開日: January, 2024

フェニルエチル市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

フェニルエチル市場は2036年末までに5,730億米ドルに達し、予測期間2024-2036年の年平均成長率は6%で推移すると予想さ れます。2023年のフェニルエチルの業界は2850億米ドル以上で ありました。過去10年間で、自然保護に関する知識とともに、合成化学品よりも天然製品に対する顧客の需要が増加しています。世界的な調査によると、2021年には消費者の約44%が持続可能性に取り組んでいるブランドから購入する傾向が強まるといいます。食品、パーソナルケア、ホームケア、芝生・園芸など、影響を受けているいくつかの業界では、この需要の変化により市場が大きく調整されつつあり、それがまた自然商品セクターの急拡大に拍車をかけています。消費者はますます天然成分の製品を好むようになっています。バラのような天然由来のフェニルエチルはこのトレンドに合致しており、天然香料や調味料の需要増につながり、フェニルエチル市場の成長を牽引しています。

さらに、市場関係者は、新しい香りの組み合わせの開発やフェニルエチルベースの製品の特性の強化など、製品のイノベーションに注力する機会があります。これは、企業が競争優位性を獲得し、市場の成長を全体として推進するのに役立ちます。


フェニルエチル市場:主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

約6%

基準年市場規模(2023年)

約2,850億米ドル

予測年市場規模(2036年)

約5,730億米ドル

地域的範囲

  • 北米(米国とカナダ)
  • ラテンアメリカ(メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ地域)
  • アジア太平洋地域(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

フェニルエチル市場の地域概要

フェニルエチル市場 - 日本の見通し

日本フェニルエチル市場は予測期間中に大きな市場シェアを獲得すると推定さ れます。この地域は、いくつかの要因によってダイナミックな状況を反映しています。フレグランスへの親和性が高く、香り付き製品に対する需要が急増していることから、フェニルエチルは日本のフレグランス業界において重要なニッチを見出しています。日本のフレグランスセクターは、2023年末までに920億米ドルの売上を生み出すと見られています。バラに似たフローラルな香りは、香水、化粧品、パーソナルケアアイテムの原料として引っ張りだこになっています。加えて、高品質でナチュラルな原料への傾倒がフェニルエチルの使用を後押ししており、その多くはバラのような天然素材から調達されています。

フェニルエチル市場は、その多様な用途に加え、医薬品と食品産業への統合によって成長を続けています。課題にもかかわらず、日本のフェニルエチル市場は、天然香料に対する消費者の嗜好に合致しているため持続しており、日本の香料および消費財セクターにおけるその重要性を強調しています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Phenylethyl Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

フェニルエチルの市場シェアは、北米が42%と最も大きいと推定されます。この地域は堅調な成長軌道を示し、その主な原動力は複数の産業にわたる幅広い用途であります。同地域ではフレグランスや香り製品への需要が高まっており、香料業界ではフェニルエチルが香水、化粧品、パーソナルケアアイテムに使用される重要な成分となっています。さらに、その利用は医薬品分野にも及び、様々な医薬品の製剤化に貢献しています。また、北米の食品・飲料業界では、天然香料としてフェニルエチルが配合され、多くの製品の官能体験を高めています。

アジア太平洋地域市場統計

アジア太平洋地域のフェニルエチル市場は、いくつかの重要な要因に後押しされ、大きな成長と可能性を示しています。この地域は香料、化粧品、製薬産業が急成長していることで知られ、フェニルエチルの需要が急増しています。香水、香り製品、パーソナルケアアイテムの重要な成分としての役割が市場の拡大に寄与しています。推計によると、2019年の香料部門は120億米ドルに達しました。中国、インド、日本などの国々では人口が急増し、可処分所得が増加しているため、香り製品に対する消費者の志向が高まっており、フェニルエチルの需要を牽引しています。

フェニルエチル市場のセグメンテーション

タイプ別(アルコール、ギ酸塩、酢酸塩)

フェニルエチルアルコール部門が世界市場の52%を占め、最大シェアを獲得する見通しです。医薬品分野でのフェニルエチルアルコール需要の増加。世界で年間約1万トンの2PEが生産されています。さらに、フェニルエチルアルコールは化粧品やパーソナルケア製品にも使用されています。例えば、マイルドなバラの香りを持つことから、バラの花から得られるローズオイルの主成分として使用されています。これらすべてが複合的に市場の成長を促進しています。

(製薬、研究機関)

予測期間中、製薬分野が圧倒的な市場シェアを占めると予想さ れます。フェニルエチルのアルコール形態は、製薬業界では賦形剤として使用され、その後、有効成分のキャリアまたは希釈剤として使用さ れます。さらに、フェニルエチルは、製品中の微生物の増殖を防ぐための防腐剤や抗菌剤として使用され、このセグメントの成長の原因となっています。さらに、様々な医薬品や原薬の合成にも使用さ れます。人口の高齢化と慢性疾患の蔓延により、世界的に医薬品需要が増加しており、医薬品セグメントにおけるフェニルエチルアルコールの需要を牽引すると予想さ れます。

フェニルエチル市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます

タイプ

  • アルコール
  • ギ酸塩
  • 酢酸塩

アプリケーション

  • 製薬
  • 研究機関


growth-drivers

フェニルエチル市場: 成長要因と課題

フェニルエチル市場成長要因ー

  • 製薬業界における用途の拡大- フェニルエチルは製薬業界、特に特定の医薬品や薬剤の製造に応用されています。この化合物を利用した医薬品の普及が進んでいることが、市場の成長に寄与しています。
  • 食品と飲料業界における需要の高まり - フェニルエチルは、様々な食品や飲料製品に香料として使用されています。食品や飲料における天然フレーバーやフローラルフレーバーの需要の高まりに伴い、この分野におけるフェニルエチルの市場も拡大しています。
  • 化粧品とトイレタリー業界における需要の増加 - フェニルエチルは、その香りやその他の特性により、ローション、石鹸、シャンプーなどの様々な化粧品バイオ活性成分やトイレタリー製品に配合されています。化粧品・トイレタリー業界の継続的な成長は、フェニルエチルの需要に大きく貢献しています。

当社のフェニルエチル市場調査によると、以下はこの市場の課題です:

  • サプライ・チェーンの混乱- フェニルエチルは、バラのような天然資源に由来するか、合成的に製造されることが多い。天候がバラの栽培に影響を与えたり、合成品の製造工程に問題があったりと、サプライチェーンに混乱が生じると、供給が安定せず、市場の安定性に影響を及ぼす可能性があります。
  • フェニルエチルの生産に使用される原料価格の変動は、市場に支障をきたす傾向があります。
  • 代替市場との競争。

inside-report-bg
Phenylethyl Market Sutvry
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2024年8月-特殊化学品事業のHarmony Organics社は本日、名門Piramalグループのファンド管理部門であるPiramal Alternatives社から225クローの資金調達に成功したと発表しました。これは、世界のフレグランス・香料市場において拡大する見込みを活用するための計算された取り組みで あります。この投資の目的は、Harmony Organics社の成長目標を支援し、フレグランスケミカル業界における同社の地位を強化することであります。
  • 2021年2月-英国の特殊化学品会社Tennants Fine Chemicals社は、Eternis Fine Chemicals社に買収されました。この買収により、同社はフレグランスケミカルの種類を増やし、多拠点での製造・販売システムを活用したいとしています。
  • 2021年4月-WANAROMA® PEAの発売により、C&EN TOP50の一つであるWanhua Chemical Groupはアロマ事業を確立しました。この高級香料成分は、香水製品にほのかなバラの香りを与えます。純度が保証され、調香師の創造性に大きな余地を与えます。完全に統合された産業チェーンを通じて、Wanhua Chemicalはお客様に確かで信頼できる製品セレクションを提供することに専念しています。世界的な持続可能性の目標を達成するため、WANAROMA® PEA製品の合成には、最先端の環境に優しい酸化技術が使用されています。
  • 2023年10月-Mitsubishi Chemical Group(MCGグループ)は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製自動車部品の製造・販売を専門とするイタリアの有名企業CPC SRL(CPC社)の全株式を取得したことをお知らせいたします。2017年に少数株主としてスタートしたこの重要な買収は、垂直統合型炭素繊維のサプライチェーンを改善し成長させるというMCG Groupの長期的な戦略的野心に沿ったものであります。規制当局の許可待ちで、買収は2023年後半に最終決定される予定であります。

フェニルエチル市場を支配する注目の企業

top-features
  • Kdac Chem Pvt. Ltd. 
    •  会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品
    • 業績
    • 主要業績指標
    • リスク分析
    • 最近の展開
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  •  Novorate Biotech Co., Ltd.
  • Becton, Dickinson, and Company
  • Penta Manufacturing Company
  • Ungerer & Company 
  • Harmony Organics PVT LTD.
  • AUROCHEMICALS
  • Givaudan
  • BEIJING LYS CHEMICALS CO., LTD. 
  • Augustus Oils Ltd.
  •  Axxence Aromatic GmbH
  • Tokyo Chemical Industry Co., Ltd.
  •  BuyChemJapan
  • Toyotama International Inc.
  •  Mitsubishi Chemical Corporation.
  • Vigon International, LLC.

レポートで回答された主な質問

Ques: フェニルエチル市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: フレグランス産業からの需要の増加、医薬品製造における利用の増加、パーソナルケア製品に対する消費者の意識の高まり、化粧品産業の拡大、合成砂抽出技術の進歩などが、フェニルエチル市場の主な成長要因の一部で あります。

Ques: 予測期間中にフェニルエチル市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: フェニルエチル市場規模は、予測期間2024年―2036年にかけてCAGR 6 %を達成すると予測されています。

Ques: 将来、フェニルエチル市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の市場は、2036年末までに最大の市場シェアを占め、今後より多くのビジネス機会を提供すると予測されています。

Ques: フェニルエチル市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーはNovorate Biotech Co., Ltd.、Becton、 Dickinson and Company、 Penta Manufacturing Company、Ungerer & Company、Harmony Organics PVT LTD.、 AGROCHEMICALS、BEIJING LYS CHEMICALS CO., LTD.、Augustus Oils Ltd.、Axxence Aromatic GmbH、Tokyo Chemical Industry Co., Ltd. 、その他。

Ques: フェニルエチル市場のタイプ別セグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントか?

Ans: フェニルエチルアルコールセグメントは、2036年末までに最大の市場規模を獲得し、大きな成長機会を示すと予想さ れます。