について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

Wi-Fiチップセット市場調査ーチップセットタイプ別 (Wi-Fi 6、Wi-Fi 6E、Wi-Fi 7)、プロトコル別、MIMO構成別、アプリケーション別 – 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2023―2035 年

RFP提出
レポート: 2123 | 公開日: May, 2023

Wi-Fiチップセット市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

当社のWi-Fiチップセット市場調査によると、市場規模は2035年末までに360億米ドルに達する見込みで、2023ー2035年の予測期間中に15%のCAGRで拡大します。2022 年の Wi-Fi チップセットの業界規模は 230 億米ドルを超えました。 市場の成長は、世界中でスマートシティの概念が高まっていることによるものです。 サービス部門を支援するため。 教育や医療に限らず、世界中の政府はワイヤレス モノのインターネット (IoT) ネットワークを備えたスマート シティを開発しています。 また、スマートシティは予測期間中に 15% の急速な成長を遂げると予測されています。

さらに、自動車エレクトロニクスにおけるリアルタイム テレマティクスおよび車載インフォテインメント システム (IVI) の需要の増加により、市場は成長しています。 また、テレマティクスの利用率は2021年で27%となった。


Wi-Fiチップセット市場 : 主な洞察

基準年

2022年

予測年

2023-2035年

CAGR

~15%

基準年市場規模(2022年)

230億米ドル

予測年市場規模(2035年)

360億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

Wi-Fiチップセット市場の域概要地

Wi-Fiチップセット市場 - 日本市場の見通し

日本のWi-Fiチップセット市場は、予見期間中に大幅な速度で拡大すると予想されます。 この国は半導体部門が盛んで、ルネサス エレクトロニクス、ソニー、東芝などの有名企業が本拠地を置いています。 日本は、精密製造、材料研究、チップ設計の能力により、半導体製造を引き継ぐ有力な候補者であります。 さらに、日本の世界最大のチップメーカーへの台頭は、既存の技術ノウハウ、インフラストラクチャ、投資増加の可能性、さらには国際協力とサプライチェーンの多様化によって可能になりました。さらに、日本政府はチップセット生産市場の拡大に向けた取り組みを進めています。 2023年に日本とインドは半導体の共同開発で合意に達した。 日本は世界の半導体サプライチェーンにおける影響力強化を目指し、オンチップ装置に82%増となる70億米ドルを投じる計画だ。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Wi-Fi Chipset Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

APAC市場予測

当社のWi-Fi チップセット市場調査によると、量の点では、アジア太平洋地域が世界の市場の最大部分を占めており、2026 年までにアジア太平洋地域を追い越し、市場の推定 50% を占めると予想されています。 家電製品のメーカーは、中国、韓国、日本にあり、日本のソニー株式会社、中国の華為技術株式会社、韓国のサムスン電子株式会社などがあります。 中国は Wi-Fi チップセットを低コストで生産しており、多くの家電メーカーを抱えているため、アジア太平洋地域に Wi-Fi チップセット市場で最大のシェアをもたらしています。

北米市場統計

この地域は 2022 年に 39.5% のシェアを占め、予測期間中に急速に成長する見込みです。 この成長はインターネットの利用の増加に起因すると考えられます。 国際電気通信連合によると、2022 年にはアメリカ人の 89% 以上がインターネットに接続できるようになり、2012 年の 75% 強から増加すると予想されています。 2018 年のインターネット ユーザー数は 312百万人を超え、米国は世界最大のオンライン市場の 1 つでした。 この地域の無線インフラストラクチャの開発を刺激する政府の政策が市場の成長を推進しています。 政府プロジェクトであるブロードバンド基金は、カナダ全土のワイヤレスおよびブロードバンドインフラストラクチャの構築を目的として、カナダラジオテレビ電気通信委員会(CRTC)によって2019年10月に発表されました。

Wi-Fiチップセット市場のセグメンテーション

チップセットタイプ別(Wi-Fi 6、Wi-Fi 6E、Wi-Fi 7)

当社のWi-Fiチップセット市場調査によると、Wi-Fi 6 セグメントは 74% の最大シェアを占め、予測期間中に急速に成長すると予想されます。 この増加の原因は、高性能ネットワーク接続に対する需要の高まりによるものと考えられます。これにより、一般大衆の一定の帯域幅要件で複数のユーザーによる同時アクセスが可能になり、高いネットワーク負荷によるネットワークの輻輳を管理する必要があります。 また、2.4GHz、5GHz、6GHz などの新しい無線周波数帯域をサポートできる現代のガジェットへの要望により、Wi-Fi 6 チップセットの採用が促進されると予測されています。

プロトコル別 (802.11ac、802.11n、802.11ax、802.11b)

802.11ax は急速な成長が見込まれると予想されます。 さらに、802.11ax は 2021 年に 47% のシェアを占めており、今後数年間で拡大する可能性があります。 Wi-Fi チップセット市場全体において、802.11ax は大幅な拡大が見込まれています。 現在使用されている他のすべての IEEE 802.11 標準と比較して、この標準は最大のスペクトル効率を実現すると予想され、最高速度は約 10 Gbps になると予想されます (Huawei Technologies Co. Ltd. (中国) による評価)。

Wi-Fiチップセット市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

チップセット タイプ別

  • Wi-Fi 6
  • Wi-Fi 6E
  • Wi-Fi 7

プロトコル別

  • 802.11ac
  • 802.11n
  • 802.11ax
  • 802.11b

MIMO構成別

  • MU-MIMO
  • SU-MIMO

アプリケーション別

  • 住宅
  • 企業
  • 教育
  • 政府
  • 公共事業


growth-drivers

Wi-Fiチップセット市場:成長要因と課題

Wi-Fiチップセット市場の成長要因ー

  • コンピュータの普及の増加 - 経済協力開発機構の調査によると、コンピュータを所有する世帯の数は 2025 年までに 126,247百万に達すると予測されています。 コンピュータ世帯という言葉は、1 台以上のコンピュータがある家を指します。 市場参加者は、Wi-Fi チップセットの製品ポートフォリオを増やし、さまざまな地域での存在感を拡大し、コンピューターの普及の増加によって市場シェアを拡大する機会を得るです。
  • 在宅勤務の傾向の拡大 - 在宅勤務の傾向の拡大に伴うラップトップやデスクトップなどのエレクトロニクスに対する世界的な需要に応じて、半導体セクターが復活し始めました。 韓国は2020年2月にチップ輸出が9.4%増加するなど、着実な成長を続けた。
  • 公衆 Wi-Fi ホットスポットの増加とモノのインターネット (IoT) の実装ー接続デバイスの大幅な増加により、モバイル ネットワークでは、より多くのデータ スループット、帯域幅、およびカバレッジに対する需要の増加により、予測期間中にさらに混雑が発生すると予想されます。 その結果、今後数年間で、通信サービス プロバイダーやネットワーク オペレーターは、Wi-Fi ホットスポット ソリューションをより高い割合で使用するようになると予想されます。

当社のWi-Fiチップセット市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • PC およびタブレットの出荷台数の減少 - PC およびタブレットの出荷台数は、ファブレットやスマートフォンなどの代替品の影響により、若干減少すると予測されています。 この問題は、Wi-Fi チップセットの商用展開を制限する可能性もあります。
  • 増加するサイバー犯罪
  • データ転送速度の低下

inside-report-bg
Wi-Fi Chipset Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2023 年 6 月 - Wi-Fi ルーター、住宅用ゲートウェイ、エンタープライズ アクセス ポイント、クライアント デバイスなど、Wi-Fi 7 エコシステム向けの第 2 世代のワイヤレス接続チップセット ソリューションが、Broadcom Inc. によってサンプル形式で利用可能になりました。新しいチップは、Broadcom の Wi-Fi 7 第一世代チップによって開始された商品のエコシステムを拡大すると同時に、より大きな市場にさらに多くの機能を提供します。
  • 2022 年 12 月 - 家庭用の最新の高性能ネットワーク製品である Qualcomm® Wi-Fi 7 Immersive Home Platform が本日、Qualcomm Technologies, Inc. によって発売されました。
  • 2023 年 1 月 - 最先端の半導体技術の大手プロバイダであるRenesas Electronics Corporationは本日、最新の Matter プロトコルをサポートする最初の開発キットを発表しました。 さらに、ルネサスは、新しく購入した Dialog Semiconductor および Celeno Communications の製品を含む、今後発売されるすべての Wi-Fi、Bluetooth Low-Energy (LE)、および IEEE 802.15.4 (Thread) 製品で Matter をサポートすると宣言しました。
  • 2023 年 7 月 - 電気部品の大手メーカーであるMurata作所から最新の無線通信モジュールが発売されました。 新しいLBEE5XV2EA(タイプ2EA)モジュールは、インフィニオンのCYW55573システムオンチップ(SoC)を使用しており、Bluetoothに加えて、Bluetooth 5.3およびトライバンドWi-FiTM動作(2.4GHz、5GHz、Wi-Fi 6E)をサポートします。

Wi-Fiチップセット市場を支配する注目の企業

top-features
  • Texas Instruments Incorporated
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • Broadcom Inc
  • Qualcomm Technologies, Inc
  • MediaTek Inc.
  • Intel Corporation
  • Renesas Electronics Corporation
  • Murata Manufacturing Co., Ltd.
  • Japan Aviation Electronics Industry, Ltd. (JAE).
  • Sony Corporation
  • Toshiba Corporation

レポートで回答された主な質問

Ques: Wi-Fiチップセット市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: コンピューターの普及、在宅勤務の増加、公共 Wi-Fi ホットスポットの増加、IoT の実装が市場の成長を推進しています。

Ques: 予測期間中にWi-Fiチップセット市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: Wi-Fi チップセット市場規模は、2023ー2035 年の予測期間中に 15% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、Wi-Fiチップセット市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域の市場は、2035 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはさらに多くのビジネスチャンスがもたらされます。

Ques: Wi-Fiチップセット市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Texas Instruments Incorporated、Broadcom Inc、Qualcomm Technologies, Inc、MediaTek Inc、Intel Corporation、Renesas Electronics Corporation、Murata Manufacturing Co., Ltd、 Japan Aviation Electronics Industry, Ltd. (JAE)、Sony Corporation、Toshiba Corporation、などです。

Ques: Wi-Fi チップセット市場のチップセットタイプセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: Wi-Fi チップセット市場のチップセットタイプセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?