について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

オメプラゾール市場調査ー剤形別(カプセル、錠剤、粉末)、流通チャネル別 (病院、小売、オンライン)、適応症別(十二指腸潰瘍)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2023―2035 年

RFP提出
レポート: 2477 | 公開日: May, 2023

オメプラゾール市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

当社のオメプラゾール市場調査によると、市場規模は、2035年末までに40億米ドルに達する見込みであり、2023ー2035年の予測期間中に6%のCAGRで拡大します。2022 年の時点で、オメプラゾールの業界規模は 10 億米ドルを超えていました。 世界的に慢性疾患の症例が増加しており、市場の成長を促進しています。 WHOが作成した報告書によると、2050年末には、癌、糖尿病、呼吸器疾患などの慢性疾患が世界全体の死亡者数の驚くべき90%の原因となるです。

ヘリコバクター・ピロリ除去療法におけるオメプラゾールの臨床試験で良好な結果が得られたため、予見される期間中に世界的にオメプラゾールの需要が増加すると予想されます。 たとえば、ヘリコバクター ピロリ感染を治療するために、レッドヒル バイオファーマは最近、抗生物質とプロトン ポンプ阻害剤を組み合わせたタリシア カプセルのフェーズ 3 の研究結果を発表しました。


オメプラゾール市場 : 主な洞察

基準年

2022年

予測年

2023-2035年

CAGR

~6%

基準年市場規模(2022年)

10億米ドル

予測年市場規模(2035年)

40億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

オメプラゾール市場の域概要地

オメプラゾール市場 - 日本市場の見通し

日本のオメプラゾール市場は、予測期間中に大幅に拡大すると予想されます。 オメプラゾールは、減量、腎臓結石の治療、血糖コントロールにも役立ちます。 また、この地域で胃潰瘍の症例が増加していることも市場を押し上げています。Fuji Chemical Industries Co., Ltd.とChugai Pharmaceutical Co., Ltd.は、Chugaiが胃炎・消化性潰瘍治療薬として製造・販売する「アルセルミン」について、2019年2月8日付で事業譲渡契約を締結したと発表した。

日本のオメプラゾール市場は現在 3 社で構成されており、今後数年間で急速に拡大すると予想されています。 また、この地域での輸出入活動は市場の急速な成長を推進しています。 インドからのオメプラゾールの輸入出荷量は合計 61 件で、日本の輸入業者 23 社がインドの供給業者 10 社からオメプラゾールを購入しています。Takeda Pharmaceuticals、Mitsubishi Tanabe Pharma CorporationおよびEisai Co., Ltdなどのこの地域の主要企業の一部は医薬品や製品を強化しており、市場の成長が加速する可能性があります。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Omeprazole Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

当社のオメプラゾール市場調査によると、地域に基づくと、予測期間中に北米が 59.3% の最大シェアを保持すると予想されます。 2020年、この地域では潰瘍を引き起こすヘリコバクター・ピロリ感染が蔓延した。 さらに、米国では消化性潰瘍が顕著であり、年間約 4.5百万人が罹患しています。また、米国人口の約 10% が十二指腸潰瘍に罹患しています。 たとえば、米国の大手薬局と連携することで、処方箋コストを約 80% 節約できるオンライン サービスがあります。 これらの重要な要因が、この地域におけるオメプラゾール市場の成長を促進しています。

APAC市場統計

予測期間中に最も急速な成長が見られるのはアジア太平洋地域です。 アジア太平洋地域は、2035 年までに 28.6% のシェアを保持すると予想されています。この地域の市場成長は、この疾患の治療に対する対象者の間での意識の高まり、発生率の増加、主要な市場プレーヤーの製品ポートフォリオの拡大への集中の強化によって推進されています。Phantom Pharmaceuticsが胃食道逆流症の治療薬としてFDAから認可を受けた製品であるボノプラザンは、2022年3月に日本の消費者と他のアジアの国でも利用できるようになりました。また、アジア地域での胃食道逆流症治療の需要の増加に伴い、 多くのプレーヤーがそこでの存在感を拡大しています。 

オメプラゾール市場のセグメンテーション

剤形別(カプセル、錠剤、粉末)

当社のオメプラゾール市場調査によると、カプセルセグメントは、予測期間中に市場の成長を推進すると予想されます。 カプセルセグメントは、2035 年までに最大市場シェアの 52% を占めると予想されています。さらに、カプセルは 2035 年末までに 18百万個を超えると予想されています。錠剤は扱いやすく、安価です。 また、2020年には医薬品の総使用量が24%増加し、4.5兆回分に達すると予想されています。 世界人口の半数以上が、1人当たり1日に1回以上の薬を服用することになり、2005年の3分の1から増加し、インド、中国、ブラジル、インドネシアがその先頭を走っています。 これにより、オメプラゾール市場の成長が拡大する可能性があります。

適応症別(十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃食道逆流症、びらん性食道炎)

十二指腸潰瘍カテゴリーは市場の成長を牽引すると予想されています。 2019年もこのカテゴリーが市場をリードしました。 十二指腸潰瘍は、25 ~ 55 歳の年齢層に最もよく観察されます。 年齢が上がるにつれて、消化性潰瘍の発生率は増加し、人生50年目には28.8%のピークに達しました。 十二指腸潰瘍の有病率を評価した多数の研究によると、西洋では十二指腸潰瘍の5~15%が罹患していると考えられています。 これらの要因がこの部門の成長を推進しています。

オメプラゾール市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

剤形別

  • カプセル
  • 錠剤
  • 粉末

流通チャネル別

  • 病院
  • 小売
  • オンライン

 適応症別

  • 十二指腸潰瘍
  • 胃潰瘍
  • 胃食道逆流症
  • びらん性食道炎


growth-drivers

オメプラゾール市場:成長要因と課題

オメプラゾール市場の成長要因ー

  • 胃食道逆流症の症例の増加 – オメプラゾールは、酸性度の低下を助ける処方されたプロトンポンプ阻害剤 (PPI) です。 この薬はその効果的な結果により、胸やけの治療や胃食道逆流症の治療のために規制当局によって承認されています。 高齢者人口とは別に、胃食道逆流症は若者にも影響を与える可能性があり、これがオメプラゾール市場の成長を促進しています。 El-Serag らの系統的レビューによると、米国における胃食道逆流症の有病率は 18.1% ~ 27.8% です。
  • 人々の意識の高まり - 胃腸疾患の治療に対する人々の意識の高まりも市場の成長を促進すると予想されます。 たとえば、非営利の教育研究機関である機能性胃腸障害国際財団は、慢性消化器障害を持つ人々の生活の改善を支援しています。 IFFGD は知識を高め、研究をサポートし、個人の教育を改善します。
  • 十二指腸潰瘍の有病率の増加 – 消化性潰瘍に苦しむ患者の数が増加しており、オメプラゾール薬を使用した疾患の治療の必要性が高まっています。 また、Virtual Medical Centre のレポートによると、世界で最も一般的な病気は消化性潰瘍であり、全世界で人口の約 10 ~ 15% が罹患しています。 男性と高齢者は一般に消化性潰瘍に苦しんでいます。 この要因が市場の急速な成長を促進しています。

当社のオメプラゾール市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 代替薬の増加 – パントプラゾール、ランソプラゾール、エソメプラゾールは、オメプラゾールの代替薬の一部であり、世界中で広く使用されています。 市場におけるこれらの代替品により、オメプラゾール市場の成長は妨げられると予想されます。
  • 薬の副作用
  • 薬の値段が高い

inside-report-bg
Omeprazole Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022 年 5 月 - 消費者向け健康製品の大手サプライヤーである Perrigo Company は本日、米国食品医薬品局がオメプラゾール マグネシウム遅延型ミニ カプセル 20mg OTC の最終認可を与えたと発表しました。Perrigoは、オメプラゾール ミニを今年後半に発売する予定です。
  • 2019年7月 - AstraZenecaは、オメプラゾールとその関連ブランドの世界的な商業権をCheplapharm Arzneimittel GmbHに売却すると発表した。
  • 2020 年 3 月 - 日本の厚生労働省は、カリウム競合性酸遮断薬 (P-CAB) フマル酸ボノプラザンと低用量アスピリンを組み合わせた薬剤であるキャブピリン配合錠の使用を承認しました。Otsuka とTakedaは日本で共同で同薬を販売します。 この薬を開発したのは武田薬品であり、自社で生産する予定だ。
  • 2023年1月 - 日本の製薬会社であるFuji Pharma Co., Ltd.,と、世界中の患者向けのバイオシミラー医薬品の開発と生産を専門とする世界的なバイオテクノロジー企業であるAlvotech、新しい未公開のバイオシミラー候補を追加することで、日本を対象とする現在の独占的商業化パートナーシップを拡大することを決定しました。

オメプラゾール市場を支配する注目の企業

top-features
  • Boehringer Ingelheim
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • AstraZeneca Plc.
  • Azurity Pharma
  • Perrigo Company Plc.
  •  Salix pharmaceuticals
  • Mochida Pharmaceutical Co., Ltd.
  • Yoshindo Inc
  • Fuji Pharma Co., Ltd
  • Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd
  • Takeda Pharmaceuticals Co., Ltd 

レポートで回答された主な質問

Ques: オメプラゾール市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 胃食道逆流症の症例が増加し、人々の意識が高まり、十二指腸潰瘍の有病率が増加しています。

Ques: 予測期間中にオメプラゾール市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: オメプラゾール市場規模は、2023ー2035 年の予測期間中に 6% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、オメプラゾール市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の市場は、2035 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: オメプラゾール市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Boehringer Ingelheim、AstraZeneca Plc、Azurity Pharma、Perrigo Company Plc、Salix Pharmaceuticals、Mochida Pharmaceutical Co., Ltd、Yoshindo Inc、 Fuji Pharma Co., Ltd、 Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd、 Takeda Pharmaceuticals Co., Ltd、などです。

Ques: オメプラゾール市場の剤形セグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: カプセルセグメントは、2035 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。

Ques: 市場の抑制要因は何ですか?

Ans: