について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

筋層浸潤性膀胱癌市場調査 -タイプ別(外科的治療、非外科的治療)、エンドユーザー別 (病院、患者、製薬)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5401 | 公開日: November, 2023

筋層浸潤性膀胱癌市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

筋層浸潤性膀胱癌市場規模は、2036年末に480億米ドルに達すると予想されています。2024 ― 2036 年の予測期間中に 10% の CAGR で成長します。 2023 年に筋層浸潤性膀胱癌の業界規模は 210 億米ドルを超えました。 個別化医療とバイオマーカーの開発の高まりは、市場を拡大する主な成長原動力の 1 つです。 市場に変革的でありながら十分に活用されていない成長原動力は、個別化医療と特定のバイオマーカーの開発の統合です。 研究によると、バイオマーカーに基づいた個別化医療の使用により、従来の治療を受けた患者と比較して、個別化治療を受けた患者の無増悪生存期間が 30% 改善することが示されました。

筋層浸潤性膀胱癌市場の将来見通しは前向きであり、市場は今後数年間成長し続けると予想されます。 この成長は、MIBCの発生率の上昇、危険因子の蔓延の増加、およびより効果的な新しい治療法の開発によって促進されると考えられます。 筋層浸潤性膀胱癌(MIBC)は、膀胱壁の中間層である固有筋層に浸潤した膀胱癌の一種です。 MIBC は非筋層浸潤性膀胱癌 (NMIBC) より進行性が高く、体の他の部分に転移する可能性が高くなります。


筋層浸潤性膀胱癌市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~10%

基準年市場規模(2023年)

210億米ドル

予測年市場規模(2036年)

480億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

筋層浸潤性膀胱癌市場の地域概要

筋層浸潤性膀胱癌市場 – 日本の展望

日本の高齢化は筋層浸潤性膀胱癌市場の成長に大きく貢献しています。 人は加齢とともに、膀胱癌を含むさまざまな病気にかかりやすくなります。 MIBCは高齢者の間でより一般的であり、高齢化が進む日本の人口動態は市場を推進する重要な要因です。 世界銀行によると、日本は世界で最も平均寿命が長い国の一つで、2021年に平均寿命は84歳を超えています。この人口動態の傾向が与える影響は多岐にわたります。 人口の高齢化により、医療サービス、診断手順、癌治療に対する需要が増加しています。 MIBC 管理を含む、高齢者特有の医療ニーズに対処するための包括的なアプローチが必要です。 さらに、日本の平均寿命の高さは、MIBC の早期発見と治療の選択肢に焦点を当てることの重要性を強調しています。 人口の高齢化が進むにつれ、高齢者にMIBCによってもたらされる特有の課題に効果的に対処できる、積極的な医療戦略、国民啓発キャンペーン、医療インフラの必要性が高まっています。 日本の人口高齢化は筋層浸潤性膀胱癌市場の重要な成長原動力であり、疾患の発生率の上昇と専門的な医療サービスと治療の必要性につながっています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Muscle Invasive Bladder Cancer Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

アジア太平洋市場予測

アジア太平洋地域の筋層浸潤性膀胱癌市場は、2036年末に最大市場シェア40%を保持すると予測されています。医療技術の進歩は、アジア太平洋地域市場の重要な成長原動力となっています。 この地域では、高度な画像技術、診断ツール、治療法などの最先端の医療技術が導入されてきました。 アジア太平洋地域では、MIBC の正確な病期分類のに陽電子放射断層撮影コンピューター断層撮影 (PET-CT) の使用など、医療画像分野の技術進歩が受け入れられています。 特に、MIBC の正確な病期分類に、陽電子放出断層撮影コンピュータ断層撮影 (PET-CT) の使用が注目を集めています。 この画像診断法により、疾患の範囲を包括的に評価でき、治療計画と意思決定が容易になります。

北米市場統計

北米地域の筋層浸潤性膀胱癌市場は、予測期間中に2番目に大きなシェアを保持すると予測されています。 北米市場の顕著な成長原動力の 1 つは、人口の高齢化です。 特に米国とカナダでは、高齢者人口の増加による人口動態の変化が見られます。 米国では高齢化人口が急速に増加しており、65歳以上の人口は2050年までに88百万人に達すると予測されています。筋層浸潤性膀胱癌は高齢者に多く見られます。 老化の過程により膀胱の細胞が変化し、発癌性因子の影響を受けやすくなる可能性があります。 したがって、高齢者人口の増加は、北米における MIBC の発生率増加に直接寄与します。

筋層浸潤性膀胱癌市場のセグメンテーション

タイプ別(外科的治療、非外科的治療)

外科治療セグメントは、2036 年には 61% 最大市場シェアを獲得すると推定されています。筋層浸潤性膀胱癌市場に外科治療の魅力的な成長原動力は、治癒の可能性です。 特に根治的膀胱切除術は、特定の患者に長期の無病生存を達成するチャンスを提供します。 すべての MIBC 症例が治癒できるわけではありませんが、一部の患者はこの積極的な外科治療的アプローチの恩恵を受けています。 「The Lancet」Oncology に掲載された研究では、根治的膀胱切除術を受けた MIBC 患者の一部が長期無病生存期間を経験したことが明らかになり、治癒の可能性が示唆されています。 外科治療的介入は、特に癌が膀胱に限定されている場合には、癌組織を完全に除去できる可能性があります。 手術後に完全寛解を達成した患者は、長期に病気のコントロールと治癒の可能性を経験できる可能性があります。

エンドユーザー別 (病院、患者、製薬)

病院セグメントは 2036 年に大きなシェアを獲得すると予想されます。筋層浸潤性膀胱癌市場に病院セグメンの重要な成長原動力の 1 つは、集学的ケア チームの設立です。 MIBC は複雑な病気であり、多くの場合、診断と治療に多面的なアプローチが必要です。 集学的ケアチームは、泌尿器科医、腫瘍内科医、放射線腫瘍医、病理医、放射線科医、看護師などのさまざまな専門家で構成され、MIBC患者に包括的なケアを提供するために協力します。 「Journal of Clinical Oncology」に掲載された研究では、泌尿器科医、腫瘍内科医、放射線腫瘍医が参加する集学的ケアチームがMIBC患者の生存転帰の改善に関連していることが判明しました。

筋層浸潤性膀胱癌市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ別

  • 外科的治療
  • 非外科的治療

エンドユーザー別

  • 病院
  • 患者
  • 製薬


growth-drivers

筋層浸潤性膀胱癌市場:成長要因と課題

筋層浸潤性膀胱癌市場の成長要因ー

  • MIBC の発生率の上昇: MIBC の発生率は世界的に増加しています。これは、人口の高齢化と喫煙などの危険因子の有病率の増加が一因です。 米国癌協会によると、膀胱癌は米国で男性、女性ともに 6 番目に多い癌です。 2022 年に米国で新たに 76,960 人が膀胱癌と診断されると推定されています。 このうち、約 50,000 件が NMIBC、27,000 件が MIBC となります。
  • 医療技術の進歩: 診断ツール、画像技術、および治療法における継続的な進歩により、MIBC の診断と管理が強化されました。 これらのイノベーションにより、患者の転帰が改善され、市場の成長が促進されました。 ロボット支援手術などの低侵襲手術技術の導入により、MIBC 治療における有望な成果が示され、需要の増加につながっています。 医療画像および診断ツールはますます正確になり、侵襲性が低くなりました。 放射線医学と泌尿器科の革新により、MIBC の早期発見が大幅に改善されました。
  • 標的療法の開発: MIBC に対する標的療法と免疫療法の出現により、治療の状況は一変しました。 これらの治療法は、より効果的で毒性の低い選択肢を提供し、市場の成長につながります。 ペムブロリズマブなどの免疫チェックポイント阻害剤は、MIBC 治療において顕著な有効性を示し、生存率の向上につながります。 標的療法は、癌細胞の分子的および遺伝的特徴を特異的に標的とするように設計されています。

当社の筋層浸潤性膀胱癌市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 後期診断: MIBC の多くの症例は、非特異的な症状や定期的なスクリーニングの欠如により、進行した段階で診断されます。 後期段階で診断されると、多くの場合、予後が不良になり、治療の選択肢が限られます。 MIBC は多くの場合、他のそれほど深刻ではない症状と間違われる可能性のある非特異的な症状を示します。 最も一般的な症状は血尿、つまり尿に血液が混じることです。 血尿は膀胱癌の明らかな警告サインですが、尿路感染症、腎臓結石、その他の良性疾患によって引き起こされることもあります。
  • 早期発見方法が限られています。
  • MIBC は副作用を伴う攻撃的な性質を特徴としています。

inside-report-bg
Muscle Invasive Bladder Cancer Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022年にBristol Myers Squibbは、プレシジョン・オンコロジーの大手企業であるターニング・ポイント・セラピューティクスを1株当たり76.00米ドルで買収しました。 この買収により、Bristol Myers Squibbの抗癌剤およびパイプラインのポートフォリオが拡大しました。
  • 2023 年にBristol Myers Squibbは、ミラティ セラピューティクスを 1 株あたり 58.00 米ドルで買収する最終合意を発表しました。 この買収により、Bristol Myers Squibbの抗癌剤およびパイプラインのポートフォリオ、特にKRAS変異癌の分野が拡大しました。
  • 2021年にTakeda薬品は英国に本拠を置く製薬会社Shire Plcを620億米ドルで買収しました。 この買収により、武田薬品の希少疾患、神経科学、消化器疾患製品とパイプラインのポートフォリオが拡大しました。
  • 2023年にTakeda薬品は、炎症性疾患の革新的な治療法の発見、開発、商業化に注力する米国に本拠を置くバイオテクノロジー企業Nimbus Therapeuticsを43億米ドルで買収しました。 この買収により、免疫学と炎症の分野における武田薬品のパイプラインが強化されました。

筋層浸潤性膀胱癌市場を支配する注目の企業

top-features
  • Bristol-Myers Squibb Company
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Takeda Pharmaceutical Company Limited
  • Daiichi Sankyo Company, Limited
  • Eisai Co., Ltd.
  • Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.
  • Otsuka Holdings Co., Ltd.
  • F. Hoffmann-La Roche Ltd.
  • Merck & Co., Inc.
  • AstraZeneca PLC
  • Johnson & Johnson
  • Novartis International AG
  • Sanofi S.A.
  • Pfizer Inc.
  • Eli Lilly and Company
  • Astellas Pharma Inc.

レポートで回答された主な質問

Ques: 筋層浸潤性膀胱癌市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: ヘルスケア分野の需要の増加が市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中に筋層浸潤性膀胱癌市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 筋層浸潤性膀胱癌市場規模は、予測期間 中に2024 ― 2036 年 10% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、筋層浸潤性膀胱癌市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域市場は、2036 年末に最大市場シェアを保持すると予測されており、将来に多くのビジネス 機会がもたらされると予想されています。

Ques: 筋層浸潤性膀胱癌市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Bristol-Myers Squibb Company、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Merck & Co., Inc.、AstraZeneca PLC、Johnson & Johnson、Novartis International AG などです。

Ques: 筋層浸潤性膀胱癌市場のエンドユーザーセグメントで最大市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: 病院セグメントは 2036 年末までに最大市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。