について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

SPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場調査ーコンポーネント別(ルーター、スイッチ)、テクニック別(スイッチングテクニック、ルーティングテクニック);サービス別(導入サービス、運用管理サービス、製品サポートサービス、その他);エンドユーザー別(自動車、教育、銀行、金融サービスおよび保険(BFSI)、政府、ヘルスケア、その他)によってセグメンテーション-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年

RFP提出
レポート: 635 | 公開日: May, 2022

SPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2018-2027年)

SPルーティングおよびイーサネット・スイッチング市場の概要

SPルーティングおよびイーサネット・スイッチングとは、コンピュータ・ネットワーク内の送信元から宛先へのデータまたは情報の送信を指します。SPルーティングとイーサネットスイッチングに含まれる主な機能は、高帯域および高速データ速度ネットワークです。

市場規模と予測

世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場は、予測期間、すなわち2018年から2027年にかけて堅調なCAGRで拡大すると予想されます。世界中のインターネットユーザー数の増加などの要因は、世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。さらに、開発途上地域全体でのSPルーティングおよびイーサネットスイッチングシステムに対する高い需要は、世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長を促進すると予想されます。

市場は、北米、アジア太平洋、中東・アフリカ地域、ラテンアメリカ地域を含む5つの主要地域にセグメント化されています。これらの地域の中で、アジア太平洋地域は予測期間中にSPルーティングとイーサネットスイッチングの市場全体を支配すると予想されています。IT(情報技術)部門への支出の増加などの要因は、SPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長を促進すると予測されています。さらに、アジア太平洋地域のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長には、技術の進歩が顕著に期待されています。

北米市場は、予測期間中に大幅な成長を目撃すると予想されます。ハイバンドおよび高速データサービスの需要の高まりなどの要因は、予測期間中に世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長を引き起こすと予測されています。ヨーロッパのSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場は、予測期間中に最速の成長率を記録する態勢を整えています。ルーティングおよびスイッチング技術に対する政府投資の増加などの要因により、欧州におけるSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長が促進されることが想定されています。

コンポーネントSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場に基づいて、市場はルータおよびスイッチにセグメント

化され、さらにルータはエッジルータ相互プロバイダ境界ルータおよびコアルータにサブセグメント化され、そのうちルータセグメントは予測期間中にSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場全体を支配すると予想される。


本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
sp-routing-and-ethernet-switching

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

当社の詳細な分析により、世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場を次のセグメントにセグメント化しました。

コンポーネント別

  • ルーター
    • エッジルータ
    • プロバイダ間ボーダールータ
    • コアルータ
  • スイッチ
    • 固定構成スイッチ
    • モジュラースイッチ

テクニック別

  • スイッチングテクニック
    • ストアとフォワードの切り替え
    • カットスルースイッチング
    • フラグメントフリースイッチング
  • ルーティング手法
    • NAT ルーティング
    • 直接ルーティング

サービス別

  • 展開サービス
  • 運用管理サービス
  • 製品サポートサービス
  • 余人

エンドユーザー別

  • 自動車
  • 教育
  • 銀行金融サービスおよび保険(BFSI)
  • 政府
  • 医療
  • 余人

地域別

世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

  • 北米(米国 カナダ) 市場規模前年比成長率・将来予測・機会分析
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のLATAM)市場規模前年比成長率将来予測と機会分析
  • 欧州(英国 ドイツ フランス イタリア スペイン ハンガリー ベネルクス(ベルギー オランダ ルクセンブルク) 北欧(ノルウェー デンマーク スウェーデン フィンランド) ポーランド ロシア その他の欧州)市場規模 前年比成長予測と機会分析
  • アジア太平洋地域(中国 インド 日本 韓国 マレーシア インドネシア 台湾 香港 オーストラリア ニュージーランド その他のアジア太平洋地域)市場規模 前年比成長率 将来予測と機会分析
  • 中東/アフリカ( イスラエルGCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他中東・アフリカ)の市場規模、前年比成長率予測、機会分析

世界のSPルーティングおよびイーサネット・スイッチング市場は、次のようにセグメント化されています。

  • コンポーネント市場規模別および前年比成長分析
  • 技術別市場規模とY-O-Y成長分析
  • サービス市場規模別および前年比成長分析
  • エンドユーザー別市場規模とY-O-Y成長分析
  • 地域別市場規模と前年比成長分析


growth-drivers

成長の原動力と課題

世界中のインターネットユーザー数の増加による帯域ニーズの高まりや高速データ速度などの要因により、世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長が加速すると予想されます。さらに、ルーティングデバイスの開発の増加は、世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長を積極的に推進すると予想されます。

SPルーティングおよびイーサネットスイッチングサービスに関する政府のイニシアチブなどのこの要因とは別に、予測期間中に世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長が増加すると予想されます。

開発途上地域では、メーカーの数がさらに増加し、世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長がさらに強化される可能性があります。さらに、テラビットルーティングやテラビットスイッチングを含むテラビットネットワーキングなどの新技術の需要の高まりなどの要因により、予測期間中に世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長が増加すると予想されます。

しかし、インストールの問題とエラーを修正するための熟練した人員の不足は、今後数年間で世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長を制限すると予想される重要な要素の一部です。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

キープレーヤー

top-features
  • Cisco

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Huawei Technologies Co., Ltd.
  • Juniper Networks, Inc.
  • alcatel lucent
  • Hewlett Packard Development Company LP
  • Nokia Corporation
  • Other notable players