について RFPを提出する お問い合わせ info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

統合職場管理システム市場調査ー提供物別(ソリューション、サービス)、導入タイプ別 (オンプレミス、クラウド)、組織規模別、エンドユーザー業界ー世界の需要と供給の分析成長予測、統計レポート 2023 ~ 2035 年

RFP提出
レポート: 5054 | 公開日: June, 2023

統合職場管理システム市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

当社の統合職場管理システム市場調査によると、市場規模は、2035年末までに90億米ドルを超える見込みで、2023ー2035年の予測期間中に約13%のCAGRが見られます。2022 年の統合職場管理システムの業界規模は約 40 億米ドルでした。市場を押し上げている主な要因は、商業部門によるエネルギー消費の増加です。平均的な中小企業は、年間約 14,000 ~約 24,000 kWh のエネルギーを消費します。したがって、IWMS を使用することで、企業のリーダーは各建物のエネルギー使用の包括的な全体像を取得し、二酸化炭素排出量を最小限に抑えながら経費を最小限に抑えるような変更を積極的に行うことができます。

さらに、不動産業者は、面積、占有率、コストなどの情報を含む、各建物の徹底的な分析を要求します。さらに、企業の不動産管理者は、新しい IASB および FASB のリース会計規則に準拠するために、すべての資産と不動産の完全な記録を維持する必要があります。これには、リースの条件、開始日と終了日、所有者、借主が含まれます。IWMS ソフトウェアをインストールすると、不動産管理者はすべての関連情報を単一のデジタル プラットフォームに保存できるため、ポートフォリオ内の各スペースや資産を視覚化したり、リース会計に関する問い合わせに対応したりすることが可能になります。


世界の統合職場管理システム市場の定義: 主要な洞察

基準年

2023年

予測年

2023-2035年

CAGR

約13%

基準年市場規模(2023 年)

約40億米ドル

予測年市場規模(2035年)

約90億米ドル

地域範囲

  • 北米 (米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  •  中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

世界の統合職場管理システム市場の地域概要

北米市場予測

当社の統合職場管理システム市場調査によると、北米の市場は、2035 年末までに最高の成長を遂げる見込みです。北米は、あらゆる技術において常に最先端の競争力のある地域です。この地域は依然として技術進歩の受け入れ率が最も高い地域の一つです。さらに、米国は現在、国内でのスマート ビルディングへの取り組みの急増により、統合職場管理システムの最大の市場シェアを保持しています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Integrated Workplace Management System Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

ヨーロッパ市場の統計

統合職場管理システムはヨーロッパで初めて使用されました。特に、この地域の製造業と自動車産業では、予知保全が現代の企業運営に不可欠な要素に成長しています。統合職場管理システム市場は欧州で成長しており、欧州企業から多額の資金と関心を集め続けています。

世界の統合職場管理システム市場セグメンテーション

組織規模 (大企業、中小企業)

当社の統合職場管理システム市場調査によると、市場の大企業セグメントは、2035 年までに最高の収益を生み出す予定です。このセグメントの成長は、大企業の台頭と大企業の間での意識の高まりの影響を受けています。従業員数 250 人以上の大企業は、2020 年の約 337,522 社に対し、2021 年には世界中で約 351,519 社になると予想されています。さらに、これらの大企業はデータ分析に多大な投資を行っており、組織の生産性と効率を向上させるために高度なテクノロジーを導入する余地がさらに開かれています。したがって、これが大企業における IWMS の採用をさらに支配的にしました。

エンドユーザー業界 (製造、IT ・ テレコム、不動産 ・ 建設、ヘルスケア、小売、BFSI)

統合職場管理システム市場の製造部門は、予測期間中に大幅な成長が見込まれています。これは、施設の利用状況、密度、空室率、チャージバックに関する資産と分析を追跡および管理する必要があるためです。

当社の世界の統合職場管理システム市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます

提供物別

  • ソリューション
  • サービス

導入タイプ別

  • オンプレミス
  • クラウド

組織規模別

  • 大企業
  • 中小企業

エンドユーザー業界別

  • 製造
  • IT ・ テレコム
  • 不動産 ・ 建設
  • ヘルスケア
  • 小売
  • BFSI


growth-drivers

世界の統合職場管理システム市場成長要因と課題

統合職場管理システム市場の成長要因

  • 在宅勤務者の増加-2022 年には、世界の人口の約 81% が在宅勤務を希望しています。さらに、2030 年までに、世界で約 254百万人がリモートで働くことになります。したがって、リモート勤務の従業員に利益をもたらすために、組織によるシステムの進歩がますます進んでいます。遠隔操作を行う際に最も考慮すべきことは、働く場所の選択です。最新の IWMS ソリューションの大部分は、リモート ワーカーにモバイル アプリへのアクセスを提供し、会議の前に部屋を予約したり、デスクを予約したりできるようにします。さらに、これらのアプリを使用すると、スタッフは食事、A/V サポート、ゲスト用 Wi-Fi などを手配できます。
  • 新しいテクノロジーの出現-LOT、高度な分析、最先端の新しいセンサー、モビリティ、SaaS、新しい開発環境などのテクノロジーにより、組織統合の需要がますます高まっています。その結果、市場にも影響が出ることが予想されます。
  • 組織へのセキュリティの提供-データのセキュリティであれ、職場自体のセキュリティであれ、あらゆる企業はセキュリティに重点を置いています。 そのため、IWMS ソフトウェアの導入が急増しています。さらに、データは複数の場所に保存されるため、それぞれの場所を慎重にセキュリティで保護する必要があります。したがって、単一の安全なデータベースを介して施設データにアクセスできることは、IWMS の最大の利点の 1 つであり、最も重要なセキュリティ面の 1 つでもあります。また、施設管理者は、IWMS のおかげで、各ワークステーションの占有率と各資産の場所を迅速に評価できます。この理解により、施設管理者は、火災の危険性や安全であるべきなのに安全ではない場所など、潜在的なセキュリティまたは安全上の問題を特定し、適切な措置を講じることができます。

当社の統合職場管理システム市場調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 組織内の認識の欠如-統合された職場管理システムに対する需要は高まっていますが、市場の拡大は経験豊富な労働者の不足によって妨げられています。さらに、IWMS では、最先端のテクノロジーに対する理解が不足しているため、熟練した人材が不足しています。 大規模な IWMS プロジェクトは多数のサイトと地理的分布を考慮すると、実装が困難です。IWMS の取り組みには、異なる文化、言語、特定の法律、地域のビジネス基準によって引き起こされる問題を監視し、解決する責任があります。 経営層や上級レベルの経験が不足しているため、組織は規制の目標と会社の目標がどのように適合するかを判断するのに苦労しています。 これにより、企業は資格のある施設管理者を雇用する価値を認識することができなくなります。
  • 高コストの統合職場管理システム
  • 熟練した労働力の不足

inside-report-bg
Integrated Workplace Management System Market Region
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 建築環境を統合するソリューションの業界トッププロバイダーである Acruent は、化学、石油とガス、公共産業を含むプロセス分野向けに AI を活用したソフトウェアを提供する著名な世界的プロバイダーである Viewport と提携しました。オランダに本拠を置く企業 Viewport は、すべての技術データの統一ビューを生成するために、資産関連データが保存されている他のプラットフォームとソフトウェアを統合することで知られています。協力することで、組織は資産情報管理の最大の課題にうまく対処できるようになり、その結果、継続的な成長と改善が得られると考えられています。
  • コネクテッド資産管理およびサービスの大手プロバイダーである Yotta は、現在 Causeway Technologies の一部となっており、English Heritage が樹木資産をより効果的に管理できるように Alloy を導入することが期待されていました。ここには、重要な歴史的および植物的価値を持つ 160 ヘクタールの森林と個々の木々が含まれています。

世界の統合職場管理システム市場を支配する注目の企業

top-features
  • Accruent
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品の提供
    • 財務実績
    • 重要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域でのプレゼンス
    • SWOT分析
  • Archibus Inc.
  • AssetWorks, Inc.
  • Budgetrac LLC
  • Causeway Technologies
  • Collectiveview, Inc.
  • Facilio, Inc.
  • FM:Systems
  • Oracle Corporation
  • IBM Corporation

レポートで回答された主な質問

Ques: 統合職場管理システム市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 統合職場管理市場の成長を促進する主な要因は、在宅勤務者数の増加、技術の出現、組織へのセキュリティの提供です。

Ques: 予測期間中に統合職場管理システム市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 統合職場管理(IWMS) 市場規模は、2023-2035 年の予測期間中に最大 13% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、統合職場管理システム市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の統合職場管理市場は、2035 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: 統合職場管理システム市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 統合職場管理市場の主要プレーヤーは、Acruent、Archibus Inc、AssetWorks, Inc、Budgetrac LLC 、などです。

Ques: 会社概要はどのように選ばれるのでしょうか?

Ans: 企業概要は、製品セグメントから生み出される収益、収益創出能力を決定する企業の地理的存在、および企業が統合職場管理市場に投入する新製品に基づいて選択されます。

Ques: 統合職場管理 (IWMS) 市場のセグメントは何ですか?

Ans: 統合職場管理市場は、サービス別、導入タイプ別、組織規模別、エンドユーザー業界別、地域によって分割されています。

Ques: 統合職場管理システム市場の組織規模セグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 大企業セグメントは、2035 年末までに最大の統合職場管理市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。


Ques: 統合職場管理市場の成長に影響を与える課題は何ですか?

Ans: 組織内の認識の欠如、統合職場管理の高コストが、市場拡大の成長を阻害する要因であると推定されています。