について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

統合受動デバイス市場調査―アプリケーション別 (静電気放電/電磁妨害 (ESD/EMI) 保護、無線周波数、LED 照明)、エンドユーザー別、素材別、タイプ別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5490 | 公開日: January, 2024

統合受動デバイス市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

統合受動デバイス市場規模は、2036年末までに38億米ドルに達すると予想されており、2024―2036年の予測期間中に8%のCAGRで成長します。2023 年の統合受動デバイスの業界規模は 15 億米ドルを超えました。 無線通信デバイスの普及により、統合受動デバイス (IPD) の需要が増加しています。 推定によると、2021 年末までに約 80 億件のワイヤレス契約がありました。これらのデバイスには、フィルター、バラン、カプラーなどのさまざまな受動コンポーネントが必要ですが、これらは IPD テクノロジーを使用して単一チップに統合できます。 この統合により、必要なスペースが削減され、デバイスのパフォーマンスが向上します。 スマートフォン、タブレット、スマートウォッチ、IoT デバイスの人気の高まりに伴い、IPD の需要はさらに増加すると予想されます。 RNPL Analyst によると、IoT 接続は 18% 増加し、2023 年までに世界中でアクティブなエンドポイントが 167 億個になると IoT アナリティクスは予測しています。 この技術は、電子機器の小型化と高性能化のためのコスト効率の高いソリューションを提供します。

また、5G ネットワークの世界的な展開には、高性能でコンパクトなコンポーネントが必要です。 統合受動デバイス (IPD) は、RF フロントエンド モジュールの単一フィルタリング、インピーダンス マッチング、および周波数調整に必須の受動コンポーネントを提供することにより、5G インフラストラクチャで重要な役割を果たします。 2021―2022 年末に、世界中の 5G ワイヤレス接続の数は 76% 増加し、最大 10.5億に達しました。 5G の普及が進むにつれて、IPD の需要も高まります。


統合受動デバイス市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~8%

基準年市場規模(2023年)

15億米ドル

予測年市場規模(2036年)

38億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東とアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東とアフリカ)

統合受動デバイス市場の地域概要

統合受動デバイス市場 – 日本の見通し

日本の統合受動デバイス市場シェアは、かなりのシェアを保持すると推定されています。 IPD 市場は、さまざまな業界にわたる技術革新と堅調な需要の融合を反映しています。 家庭用電化製品の小型化と効率を重視する日本のメーカーは、性能を向上させながらデバイスの設置面積を大幅に削減できる IPD を採用してきました。 半導体製造と高度なパッケージング技術におけるこの国のリーダーシップにより、コンパクトで高機能なエレクトロニクスを求める国の動きと一致して、スマートフォン、ウェアラブル、IoT デバイスへの IPD の採用が推進されています。 さらに、技術進歩の先駆者である日本の自動車分野では、その省スペース性と信頼性を活用して、次世代自動車の設計に IPD を組み込むケースが増えています。 日本の半導体企業と世界的なハイテク大手との連携により、IPD開発における日本の役割がさらに強化されます。

さらに、日本が 5G インフラストラクチャと接続ソリューションへの投資を続けるにつれ、無線周波数、高性能コンポーネントの需要が急増しています。 日本では、2023 年 3 月時点で約 69.8百万件の 5G 加入者がいます。IPD は RF フロントエンド モジュールで重要な役割を果たし、5G-G 対応デバイスおよびネットワークでの効率的な信号処理と接続を可能にします。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Integrated Passive Devices Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

ヨーロッパ市場予測

ヨーロッパの統合受動デバイス市場は、世界市場の 46% を占め、最大の市場シェアを保持する勢いです。 この地域の市場の成長は、技術力、産業の多様性、最先端のエレクトロニクスへの取り組みによって促進されています。 半導体の研究と製造における強固な基盤を持つ欧州諸国は、IPD 技術の革新を推進し、さまざまな受動部品をコンパクトで高性能なチップに統合することを可能にしています。 この統合はヨーロッパの自動車分野で重要な用途を見出し、電気自動車、コネクテッドカー、産業オートメーションの進歩を促進します。 さらに、この地域が 5G テクノロジーと通信インフラに重点を置いているため、無線周波数 RF コンポーネントにおける IPD の需要が高まっています。 2025 年までにすべての都市部と交通ルートで継続的な 5G ワイヤレス ブロードバンド サービスを利用可能にし、2030 年までにすべての人口密集地域を 5G でカバーすることは、EU が掲げる主要な接続目標の 1 つです。 公式統計によると、現在 EU 国民の 72% が 5G を利用しています。 研究機関、業界、政府の取り組みの連携により、特化した統合受動デバイス ソリューションの開発が強化され、複数の分野にわたる統合受動デバイスの未来を形作る上で極めて重要な役割を担うヨーロッパの地位が確保されています。

北米市場統計

北米の統合受動デバイス市場は、注目すべき市場シェアを獲得すると予想されています。 北米は統合受動素子 (IPD) テクノロジーの原動力となっています。 この地域は、堅調な家庭用電化製品市場とともに最先端の半導体製造および設計能力に重点を置いているため、スマートフォン、ウェアラブル、IoT ガジェットなどのコンパクトで機能豊富なデバイスに対する高い需要が生じています。 さらに、5G ネットワークの急速な展開と北米の通信分野でのリーダーシップにより、無線周波数 RF コンポーネントにおける IPD の必要性が高まっています。 自動車分野でも、電気自動車やコネクテッドカー技術の革新にIPDを活用しています。 テクノロジー大手、研究機関、半導体企業の協力を通じて、北米は IPD の進歩の限界を押し広げ、業界全体でエレクトロニクス産業を形成しています。

統合受動デバイス市場のセグメンテーション

アプリケーション別 (静電気放電/電磁干渉 (ESD/EMI) 保護、無線周波数、LED 照明、デジタルおよび混合信号)

無線周波数セグメントは、42% に達する最大の市場シェアを保持すると予想されます。 推定によると、無線周波数コンポーネントは 2021 年に約 260 億米ドルの収益を上げます。無線周波数セグメントは、ノートブック、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、ウェアラブル、その他の白物家電などの家庭用電化製品の利用の増加により、需要が急増しています。 中でもスマートフォンは、無線周波数分野の市場拡大の主な原動力となっています。 5G テクノロジーの出現により、スマートフォンに無線周波数コンポーネントを導入する必要性が高まっています。 これにより、家庭用電化製品業界における無線周波数分野の成長がさらに促進されると予想されます。

エンドユーザー別 (自動車、家庭用電化製品、ヘルスケア)

自動車部門は、洗練されたエレクトロニクスへの依存度が高まっているため、統合受動デバイス市場で市場シェアの大部分を占めると予想されています。 車両が電動システム、コネクテッド システム、自律システムへと進化するにつれて、IPD はスペースに制約のある自動車エレクトロニクス向けにコンパクトで信頼性の高いソリューションを提供します。 RNPL アナリストが観察したように、ルネサス オートモーティブ IPD によって設置面積の 40% 削減が可能になりました。 IPD は、センサー システム、電源管理、接続モジュール、インフォテインメント システムなどの重要なアプリケーションでのサイズの縮小、機能の強化、パフォーマンスの向上を可能にし、自動車業界での広範な採用と卓越性を促進します。

統合受動デバイス市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

アプリケーション別

  • 静電気放電/電磁干渉 (ESD/EMI) 保護
  • 無線周波数
  • LED 照明
  • デジタルおよび混合信号

エンドユーザー別

  • 自動車
  • 家電
  • ヘルスケア

素材別

  • シリコン
  • ガラス

タイプ別

  • フィルター
  • 抵抗器
  • コンデンサー
  • インダクター
  • カプラー
  • ダイオード
  • ダイプレクサー


growth-drivers

統合受動デバイス市場:成長要因と課題

統合受動デバイス市場の成長要因ー

  • 半導体製造の進歩 - 半導体製造技術の技術進歩により、高度なパッケージング技術が開発され、受動部品を単一チップに統合することが可能になりました。 この統合により、全体的なパフォーマンスが向上し、消費電力が削減され、電子システム内のスペース利用が最適化されます。
  • エレクトロニクスの小型化 – より小型、軽量、より効率的な電子機器に対する消費者の需要が高まるにつれ、IPD などの小型コンポーネントの必要性が高まっています。 IPD は、個別の受動コンポーネントと比較して設置面積が小さく、スマートフォン、ウェアラブル、IoT デバイスなどの製品を実現します。
  • 自動車エレクトロニクスと IoT の成長 - 自動車業界の電気自動車 (EV)、コネクテッド カー、および車両内の IoT 統合への移行により、より小型で信頼性の高い電子部品が必要です。 IPD はサイズ、信頼性、性能の点で利点があり、車載用途に適しています。
  • コストとスペースの効率 - 受動部品を単一チップに統合すると、個別部品を個別に組み立てる必要がなくなり、全体の製造コストが削減されます。 さらに、PCB (プリント基板) 上の貴重なスペースが節約され、メーカーはよりコンパクトで機能豊富なデバイスを設計できるようになります。

当社の統合受動デバイス市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 複雑な設計と製造 - IPD の設計と製造は、さまざまな受動部品が単一チップに統合されているため、複雑になる場合があります。 パフォーマンスを損なうことなく高レベルの統合を達成するには、高度な設計技術と製造プロセスが必要であり、開発コストと複雑さが増加する可能性があります。
  • 小型化の要求を満たすために IPD のコンポーネントのサイズを縮小すると、信頼性の点で課題が生じる可能性があります。
  • 統合された受動コンポーネントの品質と信頼性を確保することは困難な場合があります。

inside-report-bg
Integrated Passive Devices Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022 3 - 大手半導体製品サプライヤー MACOM Technology Solutions Inc. (「MACOM」) は、同社の VCSEL ドライバーおよびトランスインピーダンス アンプ (TIA) と Broadcom の VCSEL レーザー、光検出器、および PAM-4 DSP は、レーンあたり 100 Gbps のマルチモード ファイバー (MMF) アプリケーションで連携して動作できます。
  • 2022 5 - 新しいモノのインターネット (IoT) アプリケーションのセキュリティを強化するための ST マイクロエレクトロニクス (NYSE: STM) と ST 認定パートナーであるマイクロソフトとのパートナーシップの詳細が公開されました。 STMicroelectronics は、さまざまなエレクトロニクス アプリケーションの顧客にサービスを提供する世界有数の半導体企業です。
  • 2023 12 - 本日、グローバル サステナビリティ バロメーター調査の結果がMicrosoftと世界の IT インフラストラクチャ サービスの大手プロバイダーである Kindly によって発表されました。 Ecosystem が行った調査によると、組織の 85% がサステナビリティ目標の達成に高い戦略レベルの重要性を置いていますが、データや計画にサステナビリティを組み込んでいる組織はわずか 16% にすぎません。
  • 2023 年 4 月 - TDK Corporationは、5 月 9 日から 11 日までドイツのニュルンベルクで並行して開催されるセンサー テストおよび PCIM 展示会で、最新のセンサー イノベーションと受動コンポーネントを展示します。 Sensor+Test では、TDK は磁気センサー、組み込みモーター制御ソリューション、温度および圧力センサー、圧電 (PVDF) センサーおよびアクチュエーター、超音波センサー モジュール、音響データ リンク ソリューション、および加速度センサーをホール 1 のブース 204 で展示します。一方、PCIMでは、TDKはホール9のブース348で、DCリンクアプリケーション用の多様なコンデンサ技術、インダクタ、保護デバイス、およびリファレンス設計を展示します。

統合受動デバイス市場を支配する注目の企業

top-features
  • Sumitomo Corporation
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Integrated Passive Devices
  • Infineon Technologies AG
  • STMicroelectronics
  • Johanson Technology
  • OnChip Devices, Inc
  • Global Communication Semiconductors, LLC
  • 3DiS Technologies
  • Advanced Furnace Systems Corp.
  • Texas Instruments Incorporated.
  • Qorvo, Inc
  •  Broadcom.
  • Murata Manufacturing Co., Ltd.
  • Kyndryl Inc.
  • TDK Corporation.
  • Rubycon Corporation

レポートで回答された主な質問

Ques: 統合受動デバイス市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 無線通信の普及、5G ネットワーク接続の増加、半導体業界でのアプリケーションの増加などが、主要な成長原動力の一部です。

Ques: 予測期間中に統合受動デバイス市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 統合受動デバイス市場規模は、2024―2036 年の予測期間にわたって 8 % の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、統合受動デバイス市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: ヨーロッパの市場は、2036 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: 統合受動デバイス市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Infineon Technologies AG、STMicroelectronics、Johanson Technology、OnChip Devices, Inc、Global Communication Semiconductors, LLC、3DiS Technologies、Advanced Furnace Systems Corp、Texas Instruments Incorporated、Qorvo, Inc、Broadcom その他。

Ques: 統合受動デバイス市場のアプリケーションセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 無線周波数セグメントは、2036 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。