について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

インテリジェント照明制御市場調査ー照明コンポーネント別(調光器とスイッチ、センサー、マイクロコントローラーとマイクロプロセッサー、インテリジェント照明器具など)、接続タイプ別(有線および無線)、発光型別(蛍光灯(FL)、LEDおよびHIDランプ)およびエンドユーザー(住宅用、商業用およびその他)によってセグメンテーション グローバルな業界の需要分析と機会の評価2017-2026年

RFP提出
レポート: 2397 | 公開日: May, 2023

インテリジェント照明制御市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2017-2026年)

世界のインテリジェント照明制御市場は、北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋、中東およびアフリカに地域別にセグメント化されています。これらの地域の中で、ヨーロッパのインテリジェント照明制御の市場は、商業および住宅スペースの建設の増加に伴うコネクテッドおよびスマートホームデバイスの採用の急増によって推進されており、予測期間中に約14%のCAGRを登録することにより、2026年に約25%のシェアを獲得すると予想されています。さらに、この地域のインテリジェント照明制御市場は、評価期間中に約3倍の成長率で成長すると予想されています。一方、アジア太平洋地域のインテリジェント照明制御市場は、予測期間中に約20%の最も高いCAGRで成長すると予想されています。 

この調査はさらに、北米(米国カナダ)ラテンアメリカ(ブラジルメキシコアルゼンチンラテンアメリカの残りの部分)ヨーロッパ(英国ドイツフランスイタリアスペインハンガリーベネルクス[ベルギーオランダルクセンブルク]ノルディック[ノルウェーデンマークスウェーデンフィンランド]ポーランドロシアその他のヨーロッパ)アジア太平洋(中国インド日本、韓国マレーシアインドネシア台湾香港オーストラリアニュージーランドその他のアジア太平洋地域)中東およびアフリカにおけるY-O-Y成長需要と供給を組み込んでいます。 (イスラエルGCC[サウジアラビア UAE バーレーン クウェート カタール オマーン] 北アフリカ 南アフリカ その他の中東およびアフリカ)。

市場概要

世界のインテリジェント照明制御市場は、世界中の国々、特にさまざまな分野で数多くの進歩がある先進国からのインテリジェント照明制御システムに対する需要の高まりを背景に繁栄しています。都市化の進展 スマートシティ開発への政府支出の増加 住宅提供への政府支出の増加 土木・建設業などの増加は、世界のインテリジェント照明制御市場の成長に貢献すると予想される要因の一部です。さらに、お金と省エネの面で照明業界全体を大きく変革したスマートテクノロジーの台頭と、セキュリティの利便性や快適性などのインテリジェント照明制御システムが提供する信じられないほどの機能も、世界のインテリジェント照明制御市場の成長に向けて大幅に促進すると予想される追加要因の一部です。

世界のインテリジェント照明制御市場は、2017年に約5000百万米ドルの価値に達し、2019-2026年の予測期間にわたって約16%のCAGRを登録することにより、2026年末までに20000百万米ドルを超えると予想されています。


本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Intelligent-Lighting-Control-Market-Share

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーションの概要

照明コンポーネント別

世界のインテリジェント照明制御市場は、照明コンポーネントに基づいて調光器とスイッチ、センサーマイクロコントローラとマイクロプロセッサ、インテリジェント照明器具などにセグメント化されています。センサーセグメントは、2017年に約30%の最大の市場シェアを保持し、予測期間を通じて約15%のCAGRを登録することにより、2026年末までに56億米ドルを超えると予想されています。さらに、マイクロコントローラ&マイクロプロセッサセグメントは、予測期間中に約18%の最も高いCAGRで成長すると予想されています。


growth-drivers

市場の推進要因と課題

成長指標

長年にわたり、照明システムにはいくつかの技術的進歩が見られ、世界中で高度なインテリジェント照明制御の需要の高まりに大きく貢献してきました。このような要因により、照明制御システムは、ダイバー業界の業種にわたってさまざまな用途も見いだしています。明らかに、光調光技術の組み込み、ワイヤレス技術の組み込み、エネルギー効率の高い照明制御システムの開発、センサーの展開によって制御できるシステムなどの他の技術的進歩は、世界のインテリジェント照明制御市場の成長を促進すると予想されるさまざまなアプリケーションにわたる照明制御システムの実装の必要性を高めている要因の一部です。一方、世界中で電力需要が高まっているため、電気のコストは数倍に上昇しており、エネルギー効率の高い照明システムを使用して電気への支出を削減する必要性が世界中の消費者の間でも高まっており、世界のインテリジェント照明制御市場の成長も期待されています。

障壁

インテリジェント照明制御システムには多くの利点がありますが、低・中所得国の消費者には不可能なこれらのシステムの交換コストが高く、これらのシステムの設置にかかる人件費の増大は、世界のインテリジェント照明制御市場の成長を制限すると予想される要因の一部です。

inside-report-bg
Intelligent-Lighting-Control-Market-Share2
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2017 年 4 月: Koninklijke Philips N.V. 傘下のシグニファイ ホールディングスは、最新のオフィス照明とエネルギー使用量を最大 70% 削減するために設計された新しいワイヤレス コネクティッド照明システムであるフィリップス インターアクト オフィスの発売を発表しました。

  • 2018年6月:テキサス州ヒューストンで開催されたHITEC 2018イベントで、ハネウェルインターナショナルは、安全なクラウド通信システム、音声制御、スマート照明を組み合わせた次世代エネルギー管理ソフトウェアのスイートであるINNcontrol 5の発売を発表しました。

競争環境

top-features
  • Signify Holding

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Honeywell International Inc.
  • General Electric
  • OSRAM GmbH,
  • Acuity Brands Lighting, Inc.
  • Hubbell Incorporated
  • Schneider Electric
  • Eaton
  • Aclara Technologies LLC
  • Leviton Manufacturing Co., Inc.

レポートで回答された主な質問

Ques: インテリジェント照明制御市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: コストとエネルギー効率の高い照明システムに対する需要の高まりは、市場の成長を牽引している主な要因です。

Ques: 予測期間中にインテリジェント照明制御市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、予測期間、すなわち2019-2026年に約16%のCAGRを達成すると予想されています。

Ques: 将来、インテリジェント照明制御市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域は、将来、市場の成長により多くのビジネスチャンスを提供することが期待されています。

Ques: インテリジェント照明制御市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 世界のインテリジェント照明制御市場の主要プレーヤーは、シグニファイ・ホールディング、ハネウェル・インターナショナル、ゼネラル・エレクトリック、OSRAM GmbH、アクイティ・ブランズ・ライティング、ハベル・インコーポレーテッド、シュナイダー・エレクトリック、イートン、アクララ・テクノロジーズ、

Ques: 会社概要はどのように選ばれるのでしょうか?

Ans: 企業プロファイルは、製品セグメントから生み出された収益、収益創出能力を決定する会社の地理的プレゼンス、および会社が市場に投入する新製品に基づいて選択されます。

Ques: 世界のインテリジェント照明制御市場の主要セグメントは何ですか?

Ans: 市場は、主に照明コンポーネント、接続タイプ、照明タイプ、エンドユーザー、地域によってセグメント化されています。

Ques: 世界のインテリジェント照明制御市場における照明部品セグメントの重要な成長機会は何ですか?

Ans: 2017年に約30%の最大の市場シェアを占めた照明部品セグメントのサブセグメントであるセンサーセグメントは、将来的に大きな成長機会を示すと予想されます。


Ques: 市場の抑制要因は何ですか?

Ans: