について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

エンタープライズシングルサインオン市場調査 -コンポーネント別 (ソリューション、サービス)、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)、業界別(BFSI、ヘルスケア、政府、小売、教育、IT および通信)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5433 | 公開日: December, 2023

エンタープライズシングルサインオン市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

エンタープライズ シングル サインオン市場規模は、2036 年末に 110 億米ドルを超えると予測されています。2024 ― 2036 年の予測期間中に約 14% の CAGR で拡大します。2023 年にエンタープライズ シングル サインオンの業界規模は 40 億米ドル近くになりました。 市場の拡大を支配する主な要素は、データ侵害の件数の急増です。 2023 年に第 1 四半期には、世界中でデータ侵害が発生し、5百万件を超える個人情報の記録が侵害されました。 したがって、エンタープライズ シングル サインオン マーカーの需要が急増しています。

企業のサイバーセキュリティでは、シングル サインオン (SSO) ソリューションが重要なコンポーネントとして台頭してきました。 SSO ソリューションは、アプリケーション アクセスを管理するための共通のパスを有効にし、認証プロセスを簡素化し、企業が多要素認証 (MFA) を実装できるようにするとともに、コンプライアンスの制御を強化します。 さらに、サイバーセキュリティを提供するというメリットに加え、従業員が同じインターフェースを介して必要なさまざまなアプリケーションにアクセスできるため、時間とリソースの無駄が削減され、従業員の生産性が向上することでも知られています。


エンタープライズシングルサインオン市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~14%

基準年市場規模(2023年)

40億米ドル

予測年市場規模(2036年)

110億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

エンタープライズシングルサインオン市場の地域概要

エンタープライズシングルサインオン市場 – 日本の展望

日本のエンタープライズシングルサインオン市場は、スマートフォンの普及拡大により拡大すると予測されています。 2022年には日本では約85百万人がスマートフォンを利用しました。2028年までに94百万人を超えると予想されています。これらによりアプリケーションの利用率がさらに高まり、日本でもエンタープライズ シングル サインオンに対する市場の需要が高まっています。

さらに、デジタルデバイスは日本の教室でも教育ツールとして一般的になりました。 東京の小学校10校中ほぼ7校がタブレットをカリキュラムに取り入れており、中には全生徒に毎日使えるタブレットを配布しているところもあります。 したがって、これは日本市場の成長を促進する可能性もあります。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Enterprise Single Sign-On Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

北米のエンタープライズ シングル サインオン市場は、予測期間中に 35% 以上の最高シェアを獲得し、上昇すると予測されています。 この地域市場は、多数の主要企業の存在により成長しています。 さらに、米国は世界のどの国よりも大きな経済的自由を持っています。例えば、2021 年にアメリカ人の可処分個人所得の総額は約 14 兆米ドルがありました。 同年の一人当たりの個人可処分所得は45,340米ドルを超えました。 したがって、この地域の IT セクターの成長に伴い、エンタープライズ シングル サインオン業界市場も急成長しています。 所得の高い国では、IT 機器産業が成長する可能性があります。 さらに、米国やカナダを含む裕福な国は、この先進テクノロジーを採用し、多額の投資を行うことが予想されており、これによりエンタープライズ シングル サインオンへの注目がさらに高まることが予想されます。

ヨーロッパ市場分析

ヨーロッパのエンタープライズ シングル サインオン市場も、予測期間中に成長すると予測されています。 市場の成長を支配する主な要因は、この地域のヘルスケア分野の急成長です。 さまざまな業界でエンタープライズ シングル サインオンが採用されていることが確認されており、急速なデジタルの進歩により、医療分野でもこの地域で大規模な導入が行われると予測されています。 さらに、この地域では高齢化人口も増加しており、在宅で患者を指導するのにさまざまなアプリケーションの立ち上げにさらに影響を与えています。 ヨーロッパ人の5分の1は65歳以上です。 2050 年までにその割合は 30% 以上に達すると予想されます。そのため、患者とのシームレスかつ安全なやり取りを行うために、この地域ではシングル サインオンの採用が増加すると予想されます。 さらに、ヨーロッパでもブロックチェーンの採用が進むと予測されており、これも市場拡大に大きな影響を与えると推定されています。

エンタープライズシングルサインオン市場のセグメンテーション

導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)

クラウドセグメントは、予測期間中に60%を超える市場で最大のシェアを獲得すると予想されます。 近年にクラウドコンピューティングがますます普及してきています。 クラウドへの移行後、約 93% の企業がセキュリティが向上したと回答し、90% 以上の企業が世界的に規制への準拠が容易になったと回答しています。 その結果、クラウドベースのエンタープライズ シングル サインオンの需要も高まる可能性があります。 クラウド シングル サインオン (SSO) を使用すると、顧客は単一の ID (ユーザー名とパスワードのセット) を使用してすべてのクラウド アプリにログインできます。 これにより、クラウド サービスにアクセスするプロセスが合理化されます。 クラウド SSO ソリューションは、すべてのクラウド アプリに対して単一の ID を維持することで、複数のパスワードの必要性を排除し、IT 管理のオーバーヘッドを節約します。

業界別(BFSI、ヘルスケア、政府、小売、教育、IT および通信)

BFSIセグメントは、予測期間中に約30%の最大市場シェアを獲得すると予測されています。 このセグメントの成長は、オンライン バンキングへの関心の高まりによって影響を受けると予想されます。 例えば、2024 年までに世界中で 40 億人近くの個人がデジタル バンキングを利用すると予測されています。

ユーザーはオンライン銀行口座を使用して財務情報を表示し、取引を完了できるため、オンライン バンキングに対する需要が高まっています。 ただし、デジタル バンクを運営する金融会社には、各顧客の身元を保護し、検証し、秘密を保持する責任があります。 その結果、エンタープライズ シングル サインオンがより優先されるようになります。 さらに、従業員は組織内で多数のシステムやアカウントを利用する必要があります。 仕事の割り当て、請求、プロジェクト管理ソフトウェア、休暇と勤怠の管理などがその例です。 したがって、BFSIセグメントは、予想期間中に市場の需要を押し上げると予想されます。

エンタープライズシングルサインオン市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

コンポーネント別

  • ソリューション
  • サービス

導入タイプ別

  • オンプレミス
  • クラウド

業界別

  • BFSI
  • ヘルスケア
  • 政府
  • 小売
  • 教育
  • IT および通信


growth-drivers

エンタープライズシングルサインオン市場:成長要因と課題

エンタープライズシングルサインオン市場の成長要因ー

  • テクノロジーの急速な進歩―人工知能テクノロジーは現在、さまざまな組織やさまざまなタスクに厳密に使用されています。 さらに、SSO とクラウド コンピューティングが人工知能 (AI) であることを強化する可能性があると推定されているため、SSO にも活用されています。音声認識、コンピュータ ビジョン、自然言語処理、機械学習、コンピュータ ビジョンなどの機能を提供します。 AI、SSO、クラウド コンピューティングの助けを借りて、より革新的、安全、効率的、そしてユーザー フレンドリーなものになる可能性があります。チャットまたは音声ベースのログイン、適応型認証、異常検出、データ分析、パーソナライゼーションなどの機能を有効にすることで実現します。
  • 在宅勤務する人の増加―2022 年 6 月の時点で完全に現場に常駐している従業員は 10 人中約 3 人だけで、残りの 10 人中 9 人以上はリモートまたはハイブリッドで働いています。 このパターンは今後も続くと予想されます。 したがって、シングル サインオンを使用すると、従業員はあらゆるデバイスや場所から簡単に重要なツールやリソースにアクセスし、管理できるようになります。 ユーザーはパスワードを記録したり管理したりする必要がなくなり、リモート ワーカーが IT 部門の支援なしにアプリにアクセスできない場合に発生する一般的な問題が解消されます。 さらに、システムとデータ アクセスに対する一元的な包括的な監査証跡がシングル サインオンによって可能になり、IT チームとセキュリティ チームは従業員がリモートで作業している状況に関係なくユーザー アクセスを監視できるようになります。
  • 政府による SSO の使用の増加―デジタル化の利点に対する意識の高まりにより、世界中の多くの国が電子政府、つまり電子政府を要求しています。 その結果、これらの国の政府はテクノロジーを採用し、その運営に組み込むようになりました。 しかし、サイバー攻撃の影響を最も大きく受けた場合、政府は最も脆弱な組織となります。 金銭的利益やスパイ行為を目的として、政府のデータが頻繁に盗まれます。 その結果、政府部門ではエンタープライズ シングル サインオンの使用が急増しています。

当社のエンタープライズシングルサインオン市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • パスワードの脆弱性リスクの急増 - 非常に強力なパスワードを要求し、維持することが不可欠です。 1 セットの SSO 認証情報が公開されると、単一ユーザーのアカウントで一連の侵害が発生する可能性があります。 さらに、プロバイダーの ID に接続されているシステムは、侵害された場合に攻撃に対して脆弱になる可能性があります。 したがって、これは将来に市場の発展を妨げる可能性があります。
  • シングル サインオンの高価格 - シンプルで安価なプロセスのように見えるかもしれませんが、内部救済策は、特に中小企業の場合、高額になる可能性があります。 IT 担当者は、SSO を変更してビジネス プラットフォームに実装するために多大な時間を費やす必要がある場合もあります。 したがって、今後数年間で市場の拡大が制限される可能性があります。
  • シングルサインオンに関する雇用主の知識不足。

inside-report-bg
Enterprise Single Sign-On Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2023 7 9 : シングル サインオンが MoEngage によって正式にサポートされました。 スタッフは、セキュリティを損なうことなく、組織のシングル サインオン用の資格情報を使用して、任意のデバイスまたは場所から MoEngage にアクセスできます。ワンクリックで、ユーザーはこの機能を利用して、他人の安全を危険にさらす弱いパスワードの使用をすぐに中止できます。 また、従業員が MoEngage に即座にアクセスできるようになるため、生産性も向上します。
  • 2023 9 12 : Bitwarden は、業界の企業に最も広範なシングル サインオン統合を提供し、開発者、個人、企業に認証情報管理のリーダーシップを与えます。 同社の製品は、信頼できるデバイスによる SSO の追加により、強化されたセキュリティ、柔軟性、利便性を提供しています。 これにより、適応性があり、普遍的に相互運用可能で、あらゆる ID プロバイダーと互換性のあるゼロ知識暗号化 SSO 統合スイートを提供する唯一のソリューションになります。
  • 2020 9 2 : 企業向けの主要な独立系 ID プロバイダーである Okta, Inc. は本日、日本に新オフィスを開設し、初代日本カントリー マネージャーに渡辺隆氏を任命し、世界展開を継続していることを発表しました。 Okta は、顧客基盤と育成中の現地スタッフのおかげで、活気に満ちた日本のエンタープライズ テクノロジー業界に長期的かつ戦略的な投資を行っています。
  • 2019 年 4 月 16 日: 安全なクラウドベースのシングル サインオン (SSO) ソリューションである アイデンティティマネージャープラスが、Zoho Corporation の IT 管理部門である マネージャーエンジンによって導入されました。 すぐに利用できる アイデンティティマネージャープラスを使用すると、企業はオンサイトまたはクラウドでホストされている Office365、G Suite、Salesforce、Slack、Zendesk などのエンタープライズ アプリに SSO を実装できます。 さらに、ユーザー アクセスやアプリケーションの使用状況など、多くの重要なパラメーターに関する包括的な洞察も提供します。

エンタープライズシングルサインオン市場を支配する注目の企業

top-features
  • MoEngage
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Okta, Inc.
  • Zoho Japan Corporation
  • Fujitsu
  • NEC Corporation
  • Bravura Security Inc.
  • Bitwarden, Inc.
  • Ping Identity
  • OneLogin
  • Delinea
  • IBM Corporation
  • RAS Consulting & Investigations
  • ForgeRock
  • Oracle
  • Broadcom Inc.

レポートで回答された主な質問

Ques: エンタープライズシングルサインオン市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 市場の成長を促進する主な要因は、在宅勤務者数の増加、テクノロジーの急速な進歩、政府による SSO の使用の増加です。

Ques: 予測期間中にエンタープライズシングルサインオン市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: エンタープライズ シングル サインオン市場規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に 14% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、エンタープライズシングルサインオン市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域市場は、2036 年末に最大市場シェアを保持すると予測されており、将来に多くのビジネス機会がもたらされると予想されています。

Ques: エンタープライズシングルサインオン市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、MoEngage、Bitwarden, Inc.、Ping Identity、OneLogin などです。

Ques: エンタープライズシングルサインオン市場に導入型セグメントで最大市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: クラウドセグメントは 2036 年末に最大市場規模を獲得し、大きな成長の機会が見込まれると予想されます。