について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

コネクテッドアプライアンス市場調査ータイプ別(セキュリティアプライアンス、キッチンアプライアンス、ランドリーアプライアンス、水処理アプライアンス、その他);テクノロジー別(Wi-Fi、近距離無線通信(NFC)、Bluetooth)によってセグメンテーション-グローバルな歴史的成長(2012-2016年)と将来の展望(2017-2024年)需要分析と機会評価

RFP提出
レポート: 811 | 公開日: May, 2022

コネクテッドアプライアンス市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2017-2024年)

コネクテッド家電市場の概要

コネクテッド家電とは、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなど、さまざまなソースを介して情報を送受信するための高度な機能を搭載した次世代家電製品を指します。さらに、コネクテッド家電の主な特徴は、セキュリティと快適性であり、さらにコネクテッド家電製品は、スマートデバイスと自動化技術を家庭に提供します。

市場規模と予測

世界のコネクテッド家電市場は、予測期間、すなわち2017年から2024年にかけて堅調なCAGRで拡大すると予想されています。インターネット構造の可用性に対する需要の高まりやスマートフォンの普及率の上昇などの要因により、予測期間中に世界のコネクテッド家電市場の成長が促進されると予想されます。

地域市場では、北米が予測期間中にコネクテッド家電市場全体を支配すると予測されています。購買力の増加や人々のライフスタイルの変化などの要因は、予測期間中のコネクテッド家電市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。さらに、北米のコネクテッド家電市場の成長には、技術の進歩が大きく期待されています。

アジア太平洋地域のコネクテッド家電市場は、今後数年間で順調に成長する見込みです。さらに、この地域におけるスマートフォンの数の増加は、予測期間中に世界のコネクテッド家電市場の成長を促進しています。欧州地域は、今後数年間で目覚ましい成長が見込まれています。セキュリティに関する懸念の高まりは、今後数年間で世界のコネクテッド家電市場の成長を牽引すると予想されます。

タイプに基づいて、コネクテッド家電市場は、セキュリティ家電、キッチン家電、ランドリー家電、水処理家電などに分類され、そのうちキッチン家電は予測期間中に世界のコネクテッド家電市場全体で最大の市場シェアを占めています。


本レポートの詳細についてはこちら:

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

当社の詳細な分析により、世界のコネクテッド家電市場を次のセグメントにセグメント化しました。

タイプ別

  • セキュリティアプライアンス
  • キッチン家電
  • ランドリー家電
  • 水処理器具
  • 余人

技術別

  • インターネット
  • インターネット回線
  • 近距離無線通信 (NFC)
  • Bluetooth

地域別

世界のコネクテッド家電市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

  • 北米(米国 カナダ) 市場規模前年比成長率・将来予測・機会分析
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のLATAM)市場規模前年比成長率将来予測と機会分析
  • 欧州(英国 ドイツ フランス イタリア スペイン ハンガリー ベネルクス(ベルギー オランダ ルクセンブルク) 北欧(ノルウェー デンマーク スウェーデン フィンランド) ポーランド ロシア その他の欧州)市場規模 前年比成長予測と機会分析
  • アジア太平洋地域(中国 インド 日本 韓国 マレーシア インドネシア 台湾 香港 オーストラリア ニュージーランド その他のアジア太平洋地域)市場規模 前年比成長率 将来予測と機会分析
  • 中東/アフリカ( イスラエルGCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他中東・アフリカ)の市場規模、前年比成長率予測、機会分析

世界のコネクテッド家電市場は、次のようにセグメント化されています。

  • タイプ別市場規模とY-O-Y成長分析
  • テクノロジー市場規模別 & 前年比成長分析
  • 地域別市場規模と前年比成長分析


growth-drivers

成長の原動力と課題

世界中のさまざまなコネクテッド家電製品の採用に対する需要の高まりなどの要因は、予測期間中に世界のコネクテッド家電市場の成長を強化すると予想されます。ホームブロードバンド接続のさらなる高可用性は、今後数年間で世界のコネクテッド家電市場の成長を積極的に推進すると予想されます。

さらに、家電製品で強化されたさまざまなクラウドベースの技術の採用の増加は、予測期間中の世界のコネクテッド家電市場の成長の背後にある動的な要因であると予想されます。IHSの技術によると、2014年には100万台以上のスマートガジェットが使用され、2020年には最大4億7000万台増加すると予想されています。さらに、世界中でスマートフォンユーザー数が増加していることから、予測期間中に世界のコネクテッド家電市場の成長が堅調に推移すると予想されます。

しかし、機器の高コストと消費者の意識の欠如は、予測期間中に世界のコネクテッド家電市場の成長を制限すると予想される重要な要素の一部です。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

キープレーヤー

top-features
  • IBM Corporation

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Honeywell International Co., Ltd.
  • Whirlpool Co., Ltd.
  • Comcast Corporation
  • Robert Bosch GmbH
  • Alice Group Co., Ltd.
  • samsung group
  • general electric
  • Cisco Systems
  • Panasonic Corporation